ご挨拶

 

 真剣に人と向き合う

「私がこの仕事を選んだ訳」

 

私は19歳のころ空手に熱中していたが

無理な練習を重ねてしまい腰痛を繰り返すようになり

坐骨神経痛まで発症するようになった。

 

その後、就職を機に東京でNECの下請け会社に勤め人工衛星管理業務をこなしながらいくつもの病院や整骨院通いが何年も続きました。しかし、思うように納得のいくものではなかった。

 

若い頃の私は仕事を継続しながら将来は空手の指導員と二足の草鞋を履くのが夢でしたが、体調から考えて諦めざるをえないかなと、落胆気味な時に、出会ったのが母親の紹介で通ったカイロプラクティックです。

 

 

次第に改善傾向に傾き、喜びと共にカイロプラクティックにも自然と興味が湧きました。

その後、東京の塩川カイロプラクティックオフィスや学校で働く事になり、講師として務めさせていただき、人脈や環境の輪が広がった事に感謝しております。

 

鹿児島に帰郷後、パラカイロプラクティックを開業後に約10万人の方々を施術しながら現在に至ります。私がまだこの業界に入る前に購入したカイロプラクティックの本にこう書かれている

 

「知識とは真実を学ぶ事であり、賢さとは真実であり、

 何をすべきであるかを知ることである」

 

人によって、抱える問題は十人十色。

抱える問題を解決していくためには、お体全体のコンディションを診ていく必要があります。

現在、症状があっても原因が分からないと言われる方々を対象に神経機能学を主軸とし、さまざまな分野を学びながら日々地域のみなさまのご相談を含め施術を行っています。

 

何よりも地域の皆さんの笑顔のために今後も真摯に向き合っていきます。

 

 

 

 

パラカイロでは、

丁寧な問診・入念な検査を行います。

 

 検査には様々な視点を取り入れております。

1.体表温度測定器(皮膚表面の血流状態を把握)

2.血圧、脈拍、酸素飽和濃度

3.レントゲン分析(カイロプラクティック独自の検査を行っており、病理検査等はしておりません)

4.姿勢分析(神経学に基づき、平衡感覚とそのバランス)

5.歩行分析(歩き方を評価します)

6.筋、関節、皮膚の状態

7.腱反射および脳幹の反射(神経障害の程度をみるには必須の検査)

8.呼吸運動機能(自律性と努力性呼吸の評価)

9.感覚機能検査(触、温痛、識別感覚など)

 

 

 

日の光が、ほど良く入る明るい待合室、

院内も落ち着ける空間作りを心がけております。

 

Profile


前村 竜治 Ryuji Maemura

21歳のときにカイロプラクティックに興味をもつ

電車の中でふと自分の周りにいる人達を見ていると、どこか体の具合が悪そうな人達に視線がとぶようになる。

これがきっかで、もし自分がこの仕事をしたらどれだけの人達に希望をもたせることができるだろうかと考える。

22歳のときにカイロプラクティックを学ぶことを決意し

現在に至る。

 

 

1980年生まれ

鹿児島県日置市出身

 

日本カイロプラクティックリサーチ協会(JCRA)会員 

シオカワスクール オブ カイロプラクティック卒業

卒業後、スタッフおよび講師として8年間勤務

 

2002年~2009年 シオカワスクール ガンステッド学部

2002年~2010年 上部頚椎バイオメカニック学部

2003年~2008年 ガンステッド アドバンス

2006年、2007年、2009年、2010年 ガンステッド国際セミナー

2007年 小児カイロプラクティック

2008年 ブレアー・イントロダクション

2008年 カイロプラクティック哲学

2008年 米国アッパーサービカル

2011年 上部頚椎国際セミナー

2016年 カイロプラクティック神経機能学2016~受講中

2016年 機能神経学・日本カイロプラクティック徒手医学会にて体表温度について研究発表

2017年 機能神経学・脊椎脊髄

2018年 機能神経学・脊椎脊髄 機能神経学学合宿にて症例発表

2019年 機能神経学・機能神経学合宿にて症例発表


講師歴

シオカワスクール講師 2006年~2019年4月

ターグルリコイルテクニック、モーションパルペーション

トムソンテクニック、ガンステッドテクニック

 

趣味

山登り・ランニング・太極拳

 

ちょっと趣味

ちょっと料理、カメラ 、ボルタリング

 

好きな言葉

何事も納得するまで


パラの名前の由来

「PARA」は、スペイン語で「~ために」という意味です。

人々のために本物のカイロプラクティックを提供し、地域のみなさまのご健康を

支える柱となれるようにと思いを込めて名付けました。